葬儀の際の電報の確認

葬儀の際の電報の確認

急な葬儀にも電報で想いを贈る

葬儀の際の電報の確認
私が初めて葬儀の電報を打ったのは、数年前に学生時代の恩師が50代の若さで亡くなった時でした。恩師から私は仕事のスキルや忍耐力を学び、卒業してから就職した先が辛くても、恩師の石の上にも三年!三年経たないと本質も何も見えてこない、辛くても三年は我慢しろ。という言葉を胸に抱き、耐えました。すると三年経つ頃には私も役職を持つ様になり、部下もついたお陰で自分の理想とする職場を作ることができ、仕事が楽しくなりました。今もその職に就けているのは、恩師がその言葉をくれたからに違いありません。

そんな恩師の訃報を聞いたのは1月の寒い時期でした。学生時代の友人から、年末から体調を崩していた事を聞き、その年に結婚の知らせをしようと思っていたのでもっと早くに知っていたら、ととても後悔しました。友人に葬儀の時間や場所を聞きましたが、私は行く事ができませんでした。私は妊娠7ヶ月で、結婚式も一週間後に迫り、長距離の移動は体力的にも厳しかったのです。だから、送った事のない電報を一生懸命調べました。値段も様々で、紙のデザインや贈る言葉も選べて初めての私はとても迷いました。時間も葬儀の前までに届く様にでき、葬儀に行けないながらも恩師に対する想いを贈る事ができたと思っています。

電報は香典以上にお金がかかるので、出産して落ち着いてから線香をあげさせてもらいに行こうかとも考えましたが、やはり恩師ですので早く想いを届けたかったです。だから電報のシステムがあって良かったと感謝しています。

車・バイク・機械や中古車。このWEBサイトでチェック。。

Copyright (C)2017葬儀の際の電報の確認.All rights reserved.