葬儀の際の電報の確認

葬儀の際の電報の確認

葬儀の際に送る電報の手順

葬儀の際の電報の確認
事情があって通夜や告別式に参列できない。そんな時、喪主やご遺族に対して弔意を届けるには、弔電が便利です。弔電とは、喪主やご遺族に対して電報でお悔やみの言葉を送ることです。今回は、その弔電の送り方を紹介します。

最初に、弔電の宛先ですが、喪主にするのがいいでしょう。最初に訃報を受けた時点で、だれが喪主を務めるのかをしっかり確認しないと、弔電を打つ際に困ります。喪主がわからない場合は、葬儀を担当する会社に確認してみるのもいいと思います。次に文章です。文章は、文例集が記載されたサイトがいくつかあります。それを参考に弔電を打つことができます。また、故人と深い付き合いがあった際には故人とのエピソードなどを織り交ぜてみるのもいいと思います。文章が決まったらそれを送りましょう。局番なしの「115」番にかけます。オペレーターが出ますので、緊張しないでゆっくり喋りましょう。まず、自分の電話番号と名前、それから、送り先の住所と名前を告げます。次に台紙を選びます。何種類かあってそれぞれ代金が異なるので、自分の好みに合わせて選んでください。次に先ほど考えた文章をゆっくり読み上げます。読み終わると、オペレーターが復唱するのでしっかり確認します。最後にオペレーターが文字数と料金の案内をしますので、それを確認して終了です。

故人に対してきちんと弔意を送れると、気持ちがよいですよね。事情があって通夜や告別式に参加できないという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

車・バイク・機械や中古車。このWEBサイトでチェック。。

Copyright (C)2017葬儀の際の電報の確認.All rights reserved.