葬儀の際の電報の確認

葬儀の際の電報の確認

葬儀のときの電報の送り方について

葬儀の際の電報の確認
突然、訃報が飛び込み、葬儀に行かなければならない時ありますよね。でも、仕事や、遠方にいて、どうしてもかけつける事ができないこともあると思います。そんな時は、電報で、お悔やみをいうことになりますね。私も、以前親友のお父さんが、亡くなったしらせを聞き、すぐにでもかけつけたかったんですが、遠方に住んでいたので、すぐにかけつける事ができなかったので、申し訳ないと思いながらも、弔電を送ることにしました。でも、いままで、弔電なんか送ったことがなかったので、どうしたら、いいかわからず途方にくれてしまいました。仕方ないので、いろいろ自分で、調べたり人に聞いたりして、なんとか、弔電を送ることができました。

電話で弔電をうつには、NTTの115番に電話すればいいことも、初めてしりました。今は、インターネットでも、24時間受け付けてくれるので、便利な世の中になりましたよね。電話でつたえると、住所をまちがったり、名前を間違ったりするので、インターネットが使える環境なら、インターネットを使った方が確実だと思います。お悔やみの電報の宛先名は、喪主の名前で送るのが基本ということも、初めて知りました。その時は、喪主が誰かわからなかったので、友人に電話で尋ねました。電報は、告別式に間に合うように、送るのがいいそうですが、私は、心配症で、もしもの事を考えて、早めに送りました。悩んだのは、文章ですが、なかなか、いい文句が浮かばず、定例文を参考にしながら、相手にとって失礼のないように、言葉を選びながら、考えて送りました。

葬儀の電報は、いろんなマナーがあるので、しっかり学習してから、送りたいものですね。

車・バイク・機械や中古車。このWEBサイトでチェック。。

Copyright (C)2017葬儀の際の電報の確認.All rights reserved.