葬儀の際の電報の確認

葬儀の際の電報の確認

葬儀にお悔やみ電報を送るなら

葬儀の際の電報の確認
親戚でも知り合いでも、その人や家族が亡くなった時にお通夜や告別式に参列することと思います。しかし、遠方だったり仕事が忙しかったりと、葬儀に参列できない場合もあります。そんな時に送るのが電報です。お悔やみの気持ちを文字に託して送るのですが、最近はそれだけではないサービスがあります。電報を送る場合、香典を持っていくことが出来ない場合が多いでしょう。そんな時にお薦めの弔電があります。

それは、線香と一緒に電報を送るというものです。最近の電報には、そういったサービスがあります。もちろん、相手の宗派が神道などで線香を必要としない場合もあるでしょう。その場合には、使えませんが宗派が仏教系の場合は必要です。葬儀が終わり、納骨が済んだ後でも線香はずっと必要になってきます。毎朝、亡くなった故人に手を合わせるときに必要ですよね。消耗品ですので、もらって困るものでもありません。ちょっとした事かもしれませんが、ただ電報を送るだけよりは喜ばれると思います。

実際、主人の親類が亡くなった時に利用しました。仕事があり、しかも葬儀が遠方であったため参列できなかったのです。そのため、弔電を打つことにしました。そこで、線香を添えたものがあることを知ったのです。家族葬だったそうで、香典は受け取らなかったそうですが、大変喜ばれました。宗派がわかっていない場合は、なかなか難しいかもしれませんがお悔やみの気持ちがより伝わる電報だと思います。そういったサービスがあるということを知っているだけでもだいぶ違いますよ。

車・バイク・機械や中古車。このWEBサイトでチェック。。

Copyright (C)2017葬儀の際の電報の確認.All rights reserved.