葬儀の際の電報の確認

葬儀の際の電報の確認

葬儀の際の電報の確認

葬儀の際の電報の確認
葬儀が行われると、弔電と呼ばれる電報が来ることが多いと思います。実際に私自身も弔電を送ったことがありますが、友人知人の時にはもちろん送るのと思いますが、私の父の葬儀の時に名前だけは知っているが会ったことのない方から弔電を頂いておりました。最初は身内のものの知り合いかと思っていたのですが、聞いてみますと誰も面識がないということでした。

その方は町の議員さんでした。新聞などでお悔やみ欄より情報を入手して電報を出してくれたのだと思うのですが、近くに迫った選挙の準備かとも思いました。また、遠い親戚の方々は議員の方たちがこうして弔電まで送ってくれるということを知らず、すごい方たちと知り合いだったんだねとお褒めを頂いたこともありました。

私の住む町以外でもこうした電報や結婚式に市長さんが参列していただけたりと、お付き合いは盛んにしていただけます。見ず知らずの方たちにはこうした計らいは少ないとは思いますが、顔見知りで、お誘いしたらきっと参列していただけると思います。弔電を読みあげる順番にも気を使うところですが、近親者、職場の関係を優先して、後はお名前と社名だけで済ませるのが通常だと思われます。小さな町内の葬儀のときや、亡くなった方が老後の余生を過ごしていた方たちなどは弔問客や弔電などが全く無いという事もあるというお話を聞いたことがあります。今後は親類身内なども皆高齢になっている私の家系ですが、見栄などはらず、自分らの出来る範囲の葬儀や式を行って見送ること、そして祝うことをして行こうと思っています。最近は家族葬というチラシやパンフレットも良く見るようになっています。実際にもかなりのご家庭で家族葬という方法を取られている方々も多いということでした。私の母はまだまだ元気で暮らしておりますので安心ですが、自分が定年して自由な時間ができた時には会社関係の弔問客もなくなることを思うと、自分のこの先の友人知人の関係ももっと大切にしておこうと思うのです。

車・バイク・機械や中古車。このWEBサイトでチェック。。

Copyright (C)2018葬儀の際の電報の確認.All rights reserved.